【USJ】VS【TDL】動画まとめ

日本の2大人気テーマパークのユニバーサル・スタジオ・ジャパンと東京ディズニーランドにまつわる情報を動画を中心にまとめました

カテゴリー:レゴランド・ジャパン

レゴランド・ジャパンは、名古屋市港区金城ふ頭二丁目にあるレゴブロックのテーマパーク。

世界で8番目に開業したレゴランドである。

顧客として2歳から12歳の子供とその家族を想定し、レゴブロックそのもので遊ぶことのほか、レゴブロックの世界観を体現し、来客が能動的に体験できるアトラクションを準備している。

事業主体はイギリスのマーリン・エンターテイメンツグループ(英語版)が担う。

マーリン社は、経営不振となったレゴランドを2005年に買収した投資会社ブラックストーン・グループ傘下の遊戯施設企業で、マダム・タッソー館など世界各地にテーマパークを所有している。

また、造成・施設建設工事は大林組が行った。

総事業費は約320億円とされる。

2017年4月に開業した部分は、第1期で9.3ヘクタールに過ぎず、海外で展開する他のレゴランドと比較すると小規模ではあるが、立体的に施設を配置することで同程度の内容を確保しているという。

第1期開業後の展開としては、公式ホテルとして「レゴランド・ホテル・ジャパン」の開業、第2期として名古屋市国際展示場第1展示館の跡地(約1.9ヘクタール)開発が予定されている。

マーリン社のニック・バーニーCEOによると、東京と大阪の間であり、また日本の中心に位置する名古屋市という立地は、日本初のレゴランドを進出するにふさわしいとしている。

休日平均約8,000人の来客を見込む。

運営は2013年にマーリン社が設立した「レゴランド・ジャパン株式会社」が行なっている。

同社代表取締役社長は、日本・韓国でのビジネス経験を持つトーベン・イェンセンが2015年より務めている。