【USJ】VS【TDL】動画まとめ

日本の2大人気テーマパークのユニバーサル・スタジオ・ジャパンと東京ディズニーランドにまつわる情報を動画を中心にまとめました

カテゴリー:リトルワールド

リトルワールドは、愛知県犬山市にある、世界の家と暮らしをテーマとした野外民族学博物館。

一部の施設は県境を跨いだ岐阜県可児市に位置しており、県境にはそのことを示す看板が設置されている。

大阪府吹田市の万博記念公園内にある国立民族学博物館は屋内展示が主体であるのに対し、こちらは屋外主体で展開したものである。

ただし、かなり大規模な屋内展示もある。

リトルワールド側が発表している敷地面積は123万平方メートルで日本のテーマパークでは第2位の敷地面積に相当する(3位は同じ名鉄インプレスが運営する博物館明治村)。

世界中の様々な動物の肉を味わうことができる「肉フェスタ」などのイベントを定期的に開催している。

名古屋鉄道が、犬山の観光開発のために出資して、1983年3月18日に開園したもの。

1970年に大阪で開催された日本万国博覧会は当初世界各国民族の伝統的な建造物を集めてくるというコンセプトがあり、万博終了後にそれらを移築する受け皿としてリトルワールド構想が持ち上がった。

名古屋鉄道としては博物館明治村と合わせた犬山の観光振興を図る考えから、この土地が用意された。

しかし、その後万博のパビリオンは独創的な建造物が作られる方向に転換し、リトルワールドは独自に世界の民家を収集し、日本で最初の民族学博物館を目指していく方針に転換せざるを得なかった。

世界中で古民家を買い付け、移築するという作業は容易に進まず、開園まで15年近い時間を要した。

その間、大阪の万博跡地利用の政策として国立民族学博物館が先に開館し、日本最初の民族学博物館とならなかったことから、テーマパーク色を濃くした「人間博物館」というコンセプトを前面に出すようになった。

「人間博物館」というキャッチフレーズは、のちに「野外民族博物館」と変更されている。

現在23ヶ国・33施設が、現地から移設されて展示及び内部公開されており、入園すると一日で世界一周が体験できるというのが売りものとなっている。

一部の店舗ではmanacaが使え、更にμstarポイントが加算される。